世界に通用する子供を育てるお受験総合ブログ

全国の幼稚園小学校中学校幼児教室を探す
お受験TOWN[お受験タウン]ホーム >

早期教育がわが子に合っているかどうかの判断について

将来的には幼稚園受験や小学校受験を見据えているというご家庭の場合には、「早期教育」はある意味、定番のフレーズです。一般的にも乳幼児に対して早期教育を取り入れることは、少しも珍しいことではなくなってきています。とくに、お受験ということが目標にある場合には、早期教育=受験塾という印象が強くなります。ただ、その年齢に見合う教育というものがあります。今回は、早期教育の種類と、お受験に役立てる方法をまとめてみました。

将来的には幼稚園受験や小学校受験を見据えているというご家庭の場合には、「早期教育」はある意味、定番のフレーズです。
一般的にも乳幼児に対して早期教育を取り入れることは、少しも珍しいことではなくなってきています。
とくに、お受験ということが目標にある場合には、早期教育=受験塾という印象が強くなります。
ただ、その年齢に見合う教育というものがあります。
今回は、早期教育の種類と、お受験に役立てる方法をまとめてみました。

目次

スポンサードリンク




0歳児から募集をしている早期教育って?

まだおむつをしている乳幼児でも週に1回程度、60分の授業を実践している幼児期教室が多く存在します。
その多くは、幼稚園受験を見据えた教室になっています。
ただ、0歳児にペーパー素材のもので問題を解くということは、少しも現実的ではありません。
まだまだ幼い時期には視覚的にも興味の持てるような授業内容をプロ講師が展開していくのです。

赤ちゃん時代から早期教育を自分から「受けたい」と言う子供はいません。
これは当たり前のことです。
未就学児の時期でも自分の進むべき方向性などは皆目見えていなくて当たり前です。
ただ、幼児教室では未就学児でも自分の意見をキチンと言えるような教育を目指して授業を行います。

自分の意思を伝える教育

自分の意向を言葉にできることは大きな進歩です。
やがてこれが、受験の場面では面接などに発揮される能力につながります。

この教育に関しては、まだまだ胎教の段階ではアプローチできない分野です。
生まれて物心がつく前の乳幼児だからこそ、初めて教育ができる分野ですので、コミュニケーション能力を高めるという意味でも、脳を刺激して反応を素早くすることに意味があるわけです。

乳幼児期に行う早期教育には、体を動かしてリズムを取ることや、モノの名前を覚えるような授業が組み込まれています。
常に好奇心が旺盛で何でもすぐに吸収しやすい年齢の乳幼児は飛びついてくれることがほとんどです。
乳幼児の脳細胞はとても柔軟です。
早期に知的好奇心が磨かれて、やがて自分で考える力が身につくことは財産になります。
ここに早期教育の意義があるのです。

3歳からの「考える力」教育

3歳からの「考える力」教育

久野泰可
発売日: 2006/05/25
Amazonの情報を掲載しています

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

高橋孝雄
1,000円(12/11 20:35時点)
発売日: 2018/09/06
Amazonの情報を掲載しています


早期教育の種類は様々

お稽古事と幼児教育とは意図が違います。
あくまでもお受験を視野に入れた場合には幼児教育もしくは早期教育が有効になります。
少しでも早い時期から、何かの教育を受けさせたいと考える親御さんの場合には、受験を念頭に置いている専門の施設をお勧めします。

数字や文字の認識、そして団体行動などの基本的な部分を学ぶのが幼児教室です。
お受験専門の塾の場合には、さらに専門的な分野に切り込みます。
ただ、年齢が低いお子さんには、まだまだお勉強という域は厳しいと思われます。
だからこそ楽しみながら取り組むことが一番の基本になります。


その子に合うか合わないか?

乳幼児の中にも比較的、飲み込みの速い子と遅い子の差があります。
文字を覚えるために通う早期教育施設に通っても、なかなか理解が芳しくない、落ち着きが一向に出ない、という結果もあります。
ひらがなやカタカナが覚えられないという場合には、親の方が劣等感を感じずにはいられないのです。

3歳までの間には、右脳を刺激する教育が必要と言われています。
様々なものに触れて触覚を何よりも刺激する教育が、実践されています。
飽きのこない、立体的な視覚的な教育と、実際にモノに触れる教育が功を奏します。
家庭の中でできることも数多くあります。
それに見合う教則本のようなものも、多く出版されいますので、まずは親がそこを理解してあげることが必要です。
個人差を強く感じ、育児ノイローゼに陥らないためにも、まずはわが子の教育は家庭の中からということをコンセプトに考えるのも一つの手段です。

スポンサードリンク



TOP