世界に通用する子供を育てるお受験総合ブログ

全国の幼稚園小学校中学校幼児教室を探す
お受験TOWN[お受験タウン]ホーム >

小学校受験直前はどう過ごすのがベストなのか??

いよいよ数カ月後に受験本番というタイミングの夏休み以降は、どのように過ごすのが一番良いのでしょうか?9月から11月頃までの具体的な例を挙げて考えてみました。この時期は受験準備の最終期間に当たります。お子さんのメンタル面も考えながら、毎日を大切に過ごしてください。

いよいよ数カ月後に受験本番というタイミングの夏休み以降は、どのように過ごすのが一番良いのでしょうか?9月から11月頃までの具体的な例を挙げて考えてみました。
この時期は受験準備の最終期間に当たります。
お子さんのメンタル面も考えながら、毎日を大切に過ごしてください。

目次

スポンサードリンク




夏休みが終わっていよいよ9月の時期

夏休みの間は多くのお子さんが塾の夏期講習に参加をする時期です。
そしてこの時期は幼児が一番伸びる時期ということを、塾側も心得ていますので精鋭の講師達が、充実をした授業を行うことでお子さんの持つ力をワンランクアップさせる時期でもあります。
大いに夏期講習後の時間を有意義に使えるように度量をしてください。
まずは9月になってからの時間の過ごし方を考えてみました。

夏期講習で培ったものを崩さないように、さらにおさらいを重ねてペーパー学習などで知識の確認をする時期だと考えてください。
この時期には夏の総まとめとして模擬テストなどが行われます。
習熟度テストという形で成績を数字で表すために、塾がオリジナルのテストを実施する場合も増えてきました。
ここで夏の疲れを溜めてしまっている子は、一度中だるみの状態になります。
案外とこのパターンは多く、夏バテと受験バテでお子さんがどうしようもなく、へこたれてしまうことを嘆く親御さんが増える時期でもあります。

中だるみで疲れが取れない時には7日間お休みをする

私は講師時代に、同じような相談を受けて対策を考えるときにまずは、脳が疲れた状態で塾に来ても、何も捗らないことや集中力が途切れてしまうということを説明します。
そのうえで、振替ができる範囲で次の週はお休みをしてもらい、一度お子さんをリフレッシュさせてくださいとアドバイスをするようにしていました。
受験勉強の最中に休みを取るというのは致命傷になるのでは?と悲壮な面持ちで語る親御さんも確かにいました。
それでも、やはりお休みをしてゆっくりと心を入れ替える時期も必要です。

幼児の場合には、体力の消耗も心配になります。
そこで栄養のあるものをしっかりと食べて、英気を養うことで、またやる気が戻ってくるのです。
そこが大きなポイントだと考えておください。

休む勇気が次につながるということを、親がしることで、何かが大きく変わるものです。
恐れずにお休みをして次の波に備えることが何よりも重要なのです。
そしてお子さんのいつものペースが戻って来たら、本格的に指導開始とします。
親御さんが学校説明会等々に出向く機会も増えて忙しくなる時期でもあるので、親子で、ゆっくりとした時間を取った後はそこから秋に向けて駆け出しましょう。

 


志望校を決定するための時期が9月

併願校を含めて、最終的にどの小学校を受けて併願はどうするのか?の意思を固める時期です。
親が直感的にこの小学校ならば我が子に合うはず!と思える学校を最終的に選ぶのが一番の選択になる場合がほとんどです。
この時には、今一度初心に立ち返って自分の子どもの性格や資質を見直します。
そして公立小学校に進まずに、受験をしてまで他の小学校を選ぶ意味を考えます。
そこで、何の気持ちの迷いもないという場合に限り、そのまま受験校を決定すれば良いのです。

この機会にはできるだけご両親が何度も話し合うべきです。
決めた志望校が実施する説明会や校舎見学会などには積極的に参加をして、自分たちの意思をしつかりと確かめるべく、学校をその目で観察をする機会としましょう。
そしてそこに通う在校生たちの雰囲気などを自分たちの目で確かめて、この学校ならば大丈夫と太鼓判を押せたら、ますます親子で気持ちを高めて最後のお受験準備に取り掛かれば良いのです。


迷いや疑問は塾を頼りにする

ご両親だけで何かを考えても結論が出ない場合も多いのです。
そんなときには塾の意見を参考にすれば良いのです。
意見を聞き、お子さんの成績や資質面を第三者の目で語ってもらうことである程度の方針は固まるはずです。
志望校についてもこの時点で心が変わらない限りは、最終決定として良いでしょう。
あるいは、志望校変更という場合も含めて9月は重要な月であることを、意識しておいてください。

親御さんもお受験に対してストレスが溜まってくる時期です。
そんな場合も塾の面談を大いに利用してどんどん相談をもちかけることで、新たな視線をもてるようになるものです。
最後は親の描いた直感に従うことを講師側も必ず提案するはずです。
それまでの間は十分に相談期間とすれば良いのです。

 


夏休みから秋にかけては生活リズムを整えることが重要

夏休みは盆踊りや夏祭り、夜店など夜にお出かけの機会がどうしても増えます。
なんとなく夜更かし気味にもなりますので、そこは生活のリズムを整えるために、節度のあるスケジュールで動くようにしてください。
そして秋になると、幼稚園や保育園でも遠足やバザー行事、そして運動会などの練習という行事が目白押しになります。
受験生であるまえに保育園児でもあり幼稚園児なのです。
そこをしっかりと見極めて、妙な制限をかけないようにしてください。

それぞれの行事で楽しい思いをすることを優先してください。
そうすることで、また塾でも頑張れるようになります。
お子さんのこれまでの積み重ねや力を信じて園での行事を楽しませてあげることがとても大切です。
中には、行事が多いとついつい、お勉強が疎かになるからお休みをさせるという方針の方もいます。
これが正しい判断かどうかは、親御さんが決めることですが、後から口頭試問の質問項目で遠足や運動会についての感想を聞かれるような場面では、不参加の場合にはかなり不利になることだけは理解しておいてください。


秋は親のがんばりどき

行事が多いとお子さんのモチベーションがなかなか、受験の方には向かないのは確かなことです。
これはある程度、行事が終わるまでは仕方のないことです。
こんなときには、園の行事に参加してくれる祖父母との交流を主にするなど、人とのコミュニケーショ力を高める時期にすれば良いのではないでしょうか?親は心のスイッチを持っていたとしても、お子さんにはありません。
その時々に楽しいことを優先させてあげれば良いのです。

一通りの行事が終わる頃には秋も深まってきます。
親子で公園に行って、どんぐりを拾い、落ち葉を集めるような穏やかな時間を持つことも大事です。
そしてお子さんが落ち着いているときに、お受験を頑張ろうという話をさりげなくして、再びお受験準備へのモチベーションを図れば良いのです。
季節の流れはお子さんの気持ちを穏やかに誘ってくれるはずです。
そこでは親がいつも以上に頑張って、お子さんと対峙しながら温かみのある言葉や態度で優しさを示し安心感を与えることが重要になるのです。

 


受験直前の時期には

願書を提出して面接の練習なども本格的になります。
お子さんも受験当日に来ていく洋服を着て、塾に来る日が多くなります。
その緊張感をわくわく感に代えるお子さんと、緊張に負けてしまいそうになるタイプのお子さんとがいます。
ここでも、親御さんがお子さんの心に寄り添って、充実感を味わえるような時間をできるだけ多く、作る必要があります。

塾の帰りに美味しいジュースを飲んで帰ることが励みになりました


という体験談を聞いたことがあります。
ささやかな親子の時間でも、お子さんにはすべてが特別です。
おいしいジュースの思い出は、お受験のしんどさや辛さを和らげることもできるのです。

親子で過ごす中で些細なことが「特別」に変わるものです。
塾までの車窓から見える景色をいつまでも思い出として記憶する子も少なくはありません。
受験が終わり無事合格をしたお子さんが言いました。

「もう。週に1回電車に乗ってここに来れないのは寂しいな・・・」



そんな風に感想を述べてくれるというのは、塾側としては非常にありがたい限りです。
お子さんは親が切実に思う程、受験準備期間を苦にされていないことがほとんどです。
ですので、思いっきりチャレンジ精神で受験本番を迎えることにも意味があると考えても良いのです。


受験当日はとにかく余裕を持つこと

親が緊張をするとお子さんもその倍の緊張を感じるものです。
なかなか難しいことですが「いつも通り」でいてください。
特別な朝食も何も必要ありません。
とにかく、親御さんはお子さんに寄り添うだけで良いのです。
手をつないで歩くだけでもお子さんはそのぬくもりに救われるのです。
5歳という年齢を考えるとまだまだ、大人のようにパニック状態になるような子は少ないのです。
それよりも、受験本番が終わったら「何を食べようかな?」という会話などを楽しみながら試験会場に迎えるのが理想です。
あまりにも早すぎる時間に到着するのは、却って妙な緊張を招くだけですので注意をしてください。

お子さんなりに、これまでの塾での学習で「受験をすること」の意味を教わっているはずです。
その小学校に入るために、頑張ってきたことを讃えてあげればよいのです。
必ず頑張れるよ!という後押しの言葉は必ずお子さんの心に響きます。
それも普段通りの口調で親が自然に話すことに意味があります。

お子さんは

「○○がおわったらなにをしようか?」



という問いかけが大好きです。
そんな会話で十分ですので、道中でお子さんにさりげなく語りかけてあげましょう。
そうすることで、一気に緊張が解けるはずです。
お子さんはまだまだ幼くとても単純なのです。
そこを理解してあげてください。

 

一つの受験日が終わったら

まずは労いの言葉をかけてあげてその日は終えることで十分でしょう。
そしてもしも、お子さんの方から

「○○が出来なかった」
「難しかった」


という言葉が聞けた場合には、親御さんは書き留めておいて塾に連絡を入れておきましょう。
そして併願校がある場合には、次の受験日に向かいます。
「次に向かう」という切り替えが親子で必要になります。
幼児は日々進化しています。
1度目の受験日から数日でまた少し伸びているはずです。
だからこそ、いつまでも失敗を引きずらずに1回1回の受験を新鮮な気持ちで送り出せるようにするのがコツです。
受験直前には、緊張を和らげることに片方の親が専念するのも良い方法です。
遊び役と付き添い役ということで、役割分担をすれば良いのです。
お子さんと親御さんが受験準備のために過ごしてきた時間の集大成です。
まずはそこまでのお子さんの頑張りを褒めて、当日無事に乗り切ったことをさらに褒めてあげることで、お子さんは充実した気持ちになれるはずです。

スポンサードリンク



TOP